読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Visual Studio CodeからFTPアップロード

いちいちFTPソフトで階層移動しながらファイルをアップロードするの、めんどくさい!(切実)

Netbeansではファイル保存時に自動アップロードとか設定してた。自動アップロード、便利。Visual Studio Codeでもやりたい。やれる?(検索ポチポチ)

拡張機能あったーーーーーー!!!(ガッツポーズ)

ありがとう、ありがとう製作者の方…

ftp-syncの使い方

普通にVisual Studio Codeの拡張機能からインストール。適用したら、今度はコマンドラインを Ctrl+Shift+P で起動。

Ftp-sync: Init

このコマンドを実行すると、ftp-syncの設定ファイルディレクトリが作成され、設定用ファイルが自動的に開かれる。

あとは必要な項目を必要なだけ書き換えてしまえば準備おしまい!

設定内容が間違ってさえいなければすぐ使える。

ファイルの保存時に自動アップロードする設定の項目(uploadOnSave)もあるから、これを true にしてサクサク自動アップロードにしてもいいし、ファイル一覧からファイル名右クリックしてもアップロード実行可能だから false にしててもいい気がするネ!

階層移動しなくていいの、めっちゃ楽!

まったく関係ないことだけど

今回、画像も貼り付けてみようと思ったけど「未対応のファイル形式です」って弾かれたん。なんでやねん…